水沢DOWN / ANCHOR-L

ようやく蒸し暑い日々が終わり、日中も秋らしい空気が感じられるようになりました。

タイミング良く水沢ダウンも2回目の入荷。こちらは他のモデルより比較的安価であったり、

形もとてもシンプルであることから、手に取る方が多いモデルです。

 

 

水沢DOWN / アンカー

 

水沢ダウンのベーシックモデル。

マウンテニア同様こちらも新色の「ブラウン」を加えて入荷しました。

首周りがあまり高くなくボリュームも比較的抑えめなので肌に触れにくい。

首元の汚れが気になる方はこちらのモデルのほうが着用しやすいかもしれません。

 

 

水沢DOWN / アンカーハーフコート

 

こちらは今季からの新しいシリーズ、アンカーのハーフコートモデル。

ちょうどおしりが隠れるくらいの長すぎない丈なので、このまま車に乗っても窮屈感がありません。

 

 

ブラックとネイビーはウール素材を採用した、これまでとは印象の違う落ち着いた雰囲気に。

スポーティーになりすぎず、より普段のスタイルに取り入れやすいダウンコートとなっています。

 

 

 

LINE アカウントを開設いたしました。

 

お得な情報をお届けする予定です。

 

よろしくお願いいたします。

@1989_line
友だち追加

 

 

 

到着、水沢DOWN。

2018AWの水沢DOWNの入荷がスタートしました。

 

IMG_0323.jpg

 

水沢DOWN / MOUNTAINEER(マウンテニア)

color:COYOTE/NAVY/BLACK

price:¥100,000+tax

 

水沢ダウンの中でもさらなる快適性と機能性を追求したハイスペックモデル「マウンテニア」

今年は3色で入荷いたしました。

 

IMG_0326.jpg

 

IMG_0330.jpg

 

新色の「COYOTE」ややトーンの落ち着いた、深みのあるベージュです。

これまで当店ではブラックやネイビーのカラーが多かったのでとても新鮮に写ります。

お問い合わせやご試着はお気軽にお声がけ下さい。

 

 

 

 

LADIES「水沢ダウン」最終入荷です

【2018年福袋のご予約について】

おかげさまで昨年を上回るご予約をいただきました。ありがとうございます。

12/20までご予約期間を設けておりましたが、12/10(日)でご予約を締め切らせていただきます。

すでに完売しているものもございますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

 

*****

 

さて、水沢ダウンより今シーズンの最終入荷のお知らせです。

水沢ダウンのフラッグシップとも言える「MOUNTAINEER(マウントレニア)」

初回入荷分は完売しておりましたが、再度カラーが揃いました。

 

 



水沢ダウン
「MOUNTAINEER」
color:NAVY/BLACK
size:M
price:¥100,000-(+tax)


水沢ダウンジャケットの中でもさらなる快適性と機能性を追求したハイスペックモデル「マウンテニア」
雨や雪など悪天候下での着用も考慮し、フード内の水や雪だまりを防ぐ「パラフード」システムが搭載され、

フードが必要無い場面ではジップで閉じられる使用になっています。

 

男女ともにお問い合わせの非常に多い水沢ダウン。是非見にいらしてください。

週末も皆様のご来店お待ちしております。

 

 


 

 

"水沢ダウン" DESCENTE ALLTERAIN

 

大変お待たせ致しました。

 

"水沢ダウン"

 

DESCENTE ALLTERAIN より入荷がありました。

 

これがダウン!?

 

と思うような、感動的なフィッティング。

 

日本の気候や着用シーンを良く考えて製作された、最高の一着です。

 

着心地にも作りの繊細さにも、日本人の為に作られ、日本人の仕事の細かさを感じていただけると思います。

 

今季はメンズ・レディースの入荷がありました。

 

 

防水透湿を誇る水沢ダウンの耐水圧は20000mm

 

台風の暴風雨などでは水は侵入しないと言われる、高い耐水性。

 

DESCENTE 水沢工場でしか生産出来ないと言われる熱による生地の圧着や、防水ファスナーなどの仕掛けにより、

 

冬の吹雪や湿った雪程度では、全く気にせず着用いただけそうです。

 

モデルに寄って仕様はそれぞれ異なりますが、

 

フード裏に設置されたboaシステムや、パウダーガード、ポケット内部に設置されたフッティングを高めるドローコード、防水ですが4wayにストレッチする生地。


搭載されたテクノロジーは、枚挙にいとまがありません。

 

日本の最高技術の結晶とも言える一着は、生産数も限られます。

 

例年以上の多数のお問い合わせを頂いており、争奪戦必須かと思います。

 

お早めにご覧ください。

1