JANE SMITH のこんなセットアップはいかがですか

 

寒くなってくるとコーデュロイなどの、

暖かみのあるアイテムが欲しくなります。

 

それをカッコ良くも女性らしく、

セットアップで表現出来るのがJANE SMITH。

 

心奪われるカラーリングから面白さも取り入れられた、

全てに拘った目を引くアイテムになっています。

 

 

jacket : JANE SMITH / TRUCKER JACKET

            color / fawn beige・jade green

            price / ¥ 39,000 (+TAX)

 

pants : JANE SMITH / 5POCKET BOOTSCUT

           color / fawn beige・jade green

           price / ¥ 26,000 (+TAX)

 

 

袖からサイドにかけて全てボタンで開閉可能な、

気分によってシルエットに変化をもたらせるアイテム。

 

ちらりと覗くインナーもアクセントになり、

ショート丈のジャケットなので、

ワンピースと合わせても可愛いだろうなと思いました。

 

センタープレスで、正面から見ても横から見ても、

綺麗なシルエットのパンツは、下がフレアになっています。

 

コーデュロイの畝幅も細めのため、

スッキリとスタイルも良く見せてくれるのが嬉しいですよね。

 

 

カッコ良さがありながら、可愛い要素も取り入れた、

今までにないセットアップ。

 

個々での使い回しにも優れているので、

確実にヘビーユースする事間違いなしです。

 

このカラーリングにパッと見て惹かれたんですが、

こういう面白さも兼ね備えたデザインに、

一気に魅了されてしまいました。

 

 

ジャケットを羽織る季節はもうすぐそこです。

PayPay決済のキャンペーンもあと数日で終了ですが、

この機会に是非お得にゲットしてみては。

 

《item》

jacket : JANE SMITH / TRUCKER JACKET (jade green)

 

tops : JANE SMITH / SIDE SNAP CREW NECK (white)

 

pants : JANE SMITH / 5POCKET BOOTSCUT (jade green)

JANE SMITE のアイテムでスタイリングに変化を。

 

先日もブログでご紹介しました JANE SMITH より。

シーズンの初めに持っておきたい、

変化球カットソーと定番の巾着バッグはいかがですか。

 

 

JANE SMITH / SIDE SNAP CREW NECK

color / white・ice green

price / ¥ 21,000 (+TAX)

 

 

サイドスナップが目を引くカットソーは、

気分によってシルエットに変化をつけれるため、

合わせるボトムス・スカートによりボタンを細かく調節して楽しみたい一着。

 

脇の下まで開閉可能なスナップボタンは、

締めるとふんわりとしたシルエットに。

ボタンと外すと動きのある軽快な印象を与えてくれます。

 

 

なにより、このカットソーの魅力はサイドスナップだけでなく、

六角形の凹凸ある生地感と、デザインが僅かに違った二段リブも素敵なんです。

 

ハニカムサーマルと言えばインナーのイメージの方も多いと思いますが、

生地にシルクを使用することにより、上品さととろみのある見た目になり、

着用時にテロっとした光沢感を表してくれます。

 

そして、洗いをかけてもへたりにくく丈夫なバインダーネックと、

厚すぎず薄過ぎないサーマル生地の快適さが、

暑さが残る秋口からロングシーズン活躍してくれそうですよね。

 

 

JANE SMITH / KINCHAKU BAG

color / beige・khaki・black

price / ¥ 9,500 (+TAX)

 

以前にも紹介しました、定番人気の巾着バッグ。

今シーズンは新色にベージュが登場しました。

 

(バッグと小物は私物です)

 

私も愛用しているバッグで、これらは普段持ち歩いている物の一部ですが、

これだけ入れてもまだ余裕があります。

 

休日はこの他に、エコバッグ・小さめの化粧ポーチなどをいれて、

どこへ行くにも持ち歩いています。

 

そこまで入れると割と窮屈になりますが、

横のジップからも取り出せるのがとても便利で、

物を詰め込み過ぎても形に現れず、何を入れても雰囲気よく収まります。

 

 

ツータイプの持ち手が便利なナイロン素材のバッグは、

どのスタイリングにも合わせやすく、通年通して持ち歩きたいアイテム。

 

新色も加わってカラーが豊富な今のうちにどうぞご覧下さい。

 

《item》

tops : JANE SMITH / SIDE SNAP CREW NECK (ice green)

 

pants : Wrangler / WRANCHER DRESS JEANS (H.Darkchoco)

 

bag : JANE SMITH / KINCHAKU BAG

足元を、JANESMITHのブーツで整える

 

JANESMITHの秋冬アイテムもたくさん入荷して、

レディースフロアも見応えのある感じになってきました。

このブランドならではの「かっこいい」シューズ、

今年もご紹介します。

 

 

気軽に足入れできるスライドサンダルは

夏も人気のアイテムですが

秋冬はスクエアトゥのレザーミュールで重厚感を。

足元を引き締めた印象にすると

スタイルも同時に引き締まるので、

雰囲気を変えるには重要なアイテムのひとつと言えます。

 

 

JANESMITH / #530L INSOLE FUR MULE

color:BLACK

price:¥36,000+tax

 

思わず毛並みを撫ででしまいたくなるような

リアルファーのインソール。

ラムレザー製のインソールは見た目だけではなく

ほんのりと暖かいのが、秋冬には嬉しいです。

 

 

JANESMITH / #517L SHORT BOOTS

color:KHAKI

price:¥39,000+tax

 

JANESMITH定番のショートブーツも

新色が入荷しました。

カーキ、と一言で言い表すのを躊躇してしまうような

引き込まれそうな、深い深い色合いのグリーン。

ニュアンスカラーのウエアととても相性が良さそうです。

 

 

《item》

 

MULE : JANE SMITH / INSOLE FUR MULE -Black

 

BOOTS : JANE SMITH / SHORT BOOTS -Khaki

 

JANE SMITH のフォトTいろいろ

早いもので7月も今日で最後ですね。

長かった梅雨ももう時期明けとのことで、

やっぱり暑い夏にはTシャツが必須アイテムになりそう。

 

そのなかでも JANE SMITH のフォトTは、

どれもクールに着こなせる、

大人の女性にオススメしたい物が揃っています。

 

今回は全て紹介するため、画像多めでお送りします!

 

 

JANE SMITH / KERRY GETZ & JASON DULL,CANAL STREET IN THE RAIN S/S

price / ¥ 11,000 (+TAX)

JANE SMITH / KERRY GETZ & JASON DULL,CANAL STREET IN THE RAIN L/S

price / ¥ 13,000 (+TAX)

 

ホワイトとブラックでフォトのカラーも変わる、

遊び心のあるTシャツは、半袖もご用意しております。

 

 

JANE SMITH / GRAN TRINO FORD 1972 S/S

price / ¥ 12,000 (+TAX)

JANE SMITH / GRAN TRINO FORD 1972 L/S

price / ¥ 14,000 (+TAX)

 

バックには車の後方のボディーがプリントされた、

前後で楽しめるプリントです。

 

 

JANE SMITH / BLONDEY MCCOY S/S

price / ¥ 11,000 (+TAX)

JANE SMITH / BLONDEY MCCOY L/S

price / ¥ 13,000 (+TAX)

 

スタイリッシュなプリントは、ジャケットを重ねても映えそうですよね。

 

 

JANE SMITH / MANHATTAN BRIDGE S/S

price / ¥ 11,000 (+TAX)

JANE SMITH / MANHATTAN BRIDGE L/S

price / ¥ 13,000 (+TAX)

 

 

JANE SMITH / FOUR STROKES FANS.CARLING FESTIVAL S/S

price / ¥ 12,000 (+TAX)

JANE SMITH / FOUR STROKES FANS.CARLING FESTIVAL L/S

price / ¥ 14,000 (+TAX)

 

前後のプリントが、心躍る瞬間を捉えた一着。

着ている自分も心躍るようなTシャツです。

 

 

本日着用した、こちらのTシャツは、

野外フェスティバルの様子をピックアップした一着。

 

私ごとですが、ライブやフェスティバルの様なイベントが

大好きなので、なんだか着てるだけでテンションが上がり、

入荷した際から早く紹介したくて堪りませんでした。

(ちなみにフォトTが大好きなのもあります、)

 

 

バックプリントも、壮大なフェスティバルの様子が写されていて、

早く私も行きたいなぁなど余計なことを考えてみたり。

 

そんな関係ないことを長々と書いてしまいましたが、

オンラインにもさっそく掲載致しました!

 

こちらは人気の商品のため、

気になる方はどうぞお早めに!

 

《tee shirt》

https://www.beans1989.com/ic/jane-smith

JANE SMITH / 気分に合わせて変わる表情

 

綺麗目から可愛らしい雰囲気まで、

一つで何役もこなす優れ物。

 

スタイリング次第で表情もころころ変わる、

2WAYワンピースはいかがでしょうか。

 

 

JANE SMITH / 2Way Rayard Onepiece (Beige)

price / ¥ 49,000 → 34,300 (+TAX)

 

鹿の子編みのザックリとした網目が夏らしいワンピース。

 

麻による独特の素材と光沢感が、

他には出せないJANE SMITHらしさが感じられる一着。

 

 

インナーのノースリーブワンピースは、

背中の開きが広いため、全体のシルエットも

ゆったり見えるなという印象です。

 

ショート丈のロングスリーブも、

長袖だけど暑く見えないので夏でも涼しく、

周りと差がつくスタイリングを叶えてくれます。

 

その名の通り個々でも使えるので、

パターン化せずに、次は何と合わせようかなと、

スタイリングを考えるのも楽しくて堪らないですよね。

 

 

JANE SMITH / KINCHAKU BAG   

color / KHAKI・BLACK   

price / ¥9,500 (+TAX)

 

 

コロンとした小さめバッグですが、

充実した収納力はどこへ行くにも使えそう。

 

スマホやポーチ、お買い物用のマイバッグなど、

外出に必要な物がこのサイズなのに全て入るのは嬉しい。

 

巾着タイプで丸底のマチなので、

広げた際に全体をパッと一目でき、

物の出し入れも容易に行えるます。

 

また、サイドのファスナーも大きく開き、

飾りじゃなく実用的な点も良いですよね。

 

 

JANE SMITH / PATTI S/S Tee

size / S・M

price / ¥ 11,000 → 7,700 (+TAX)

 

夏に一番着用する物と言ったら、やはりTシャツ。

無地Teeが多い当店ですが、こんなのもありますよ!

 

プリントTは幼くなりそうとためらう方でも、

クールにまとまりチープ感のないデザイン。

 

男性でも着れるくらいゆったり目の作りなので、

Mサイズだと五分丈の様なイメージです。

 

《styling》

one-piece : JANE SMITH / 2Way Rayard Onepiece (Beige)

 

Tshirt : JANE SMITH / PATTI S/S Tee

今時期のオススメ JANE SMITH のショートモッズコート

 

まだまだ肌寒さを感じる今日この頃。

暑かったり寒かったり、曖昧なこの季節は

体温調整が難しいですよね。

 

春と夏の狭間に着る丁度良いウエアに

ジェーンスミスのショートモッズコートはいかがですか。

 

 

JANE SMITH / SHORT MODS COAT

price / ¥ 49,000 (+TAX)

 

ジャケットと言うよりは、

シャツを一枚羽織っている様な感覚に近く、

見た目よりもずっと軽くて着やすい優れ物。

 

とても薄いのに風を通さないので、

むしろ今の時期に最適なんです。

 

 

ボリュームを出してくれる丸みを帯びた

シルエットと、裾のドローストリングの調節で、

気分で雰囲気を変えれるのも面白いですよね。

 

短すぎないショート丈なので、

ボトムスとの組み合わせも幅広く楽しめ、

さっと羽織れるアイテムとして重宝する事間違いなし。

 

 

JANE SMITH / BORDER SHORT SLEEVE T-SHIRTS

color / SAX

price / ¥ 14,000 (+TAX)

 

レトロな雰囲気をも感じ取れる、

マルチボーダーと爽やかなブルーのTシャツは、

過度な主張は無くとも様になる一着。

 

淡い色のボーダーとの組み合わせは

一見難しそうですが、意外と何にでも合う

あれこれ組み合わせたいTシャツです。

 

 

90年代の懐かしさを感じて手に取る方にも、

現代版にアップデートされたボーダーTで、

夏に彩りを加えてみてはいかがでしょうか。

定番人気の巾着、JANE SMITH

定番として人気のJANE SMITHの巾着バッグ。

今回はハンドル付きで、オールシーズン使えるナイロン素材となっております。

 

 

 

コロンとしたフォルムで、大きすぎず小さすぎずなサイズ感。

サイドのファスナーも出し入れしやすい設計となっています。

丸底でしっかりマチがあるので、置いても倒れません。

 

 

素材は中綿をボンディングしたMA-1素材を使用しており、

裏地は視認性の高いオレンジでアクセントをつけています。

見た目以上に容量のある巾着バッグとなっております。

 

 

 

JANE SMITH/KINCHAKU BAG   

color:KHAKI/BLACK   

price:¥9,500-(+tax)

 

普段使いに、使い勝手の良い巾着バッグはいかがでしょうか。

女性だけでなく男性にもおすすめです。

 

 

 

 

 

JANE SMITH 2020SS

 

JANE SMITH(ジェーンスミス)

架空の左利き女性ジェーン・スミスのシグネイチャーレーベル。

20SSがスタートしました。

 

まずは、著名なフォトグラファーやイラストレーターとのコラボシリーズより。

1989ではショートスリーブに型をしぼり、今季も様々なプリントが入荷しました。

 

 

 

 

 

 

プリントものは躊躇してしまう方でも、クールに着こなせてしまうプリントばかり。

すこし大きめで落ち感のあるシルエットは大人の女性にも自信を持っておすすめできます。

それぞれS/Mでサイズをご用意しています。

 

 

JANE SMITHのアウター

 

 

JANE SMITH / BOA QUILT COAT  

color:olive/white

price:¥54,000+tax

 

今年のジェーンスミスのボアコートは、キルトとボアの切り替えがいい雰囲気。

M-51ライナーがベースとなったリバーシブル仕様です。

 

 

 

 

表側はボリュームがありながらも軽いボアを使用し袖はひょうたんキルトの切り替えに。

裏側は光沢感のあるナイロンを全面に使っているので、リバーシブルにすると違う表情を見せます。

 

 

ウエストのドローコードを絞ればシルエットに変化もつけられます。

保温性をしっかりと備えた、秋冬に暖かい素材感と、

ミリタリーライクなデザインを、2つの表情でお楽しみいただける一着です。

 

 

 

JANE SMITH / MIX PATERN BELT CARDIGAN

color:Beige/Orange

price:¥36,000+tax

 

ざっくりとしたローゲージの編地が見た目にも暖かいカーディガン。

さらりと羽織れば軽めのアウターにもなる、シーズナブルなアイテムです。

 

 

 

 

両脇にベルトを設けており、前や後ろで結んだアレンジを楽しんだり

合わせるアイテムで見え方の変わる、ユニークなディテールです。

 

 

さらにフロントとバックで編地を変えているので、360℃どこから見ても様々な表情が楽しめます。

柔らかな雰囲気のベージュとエッジのきいたオレンジの2色展開。

気分に合わせて選んでみてください。

 

 

JANE SMITH / FOUL WEATHER SMOCK

着々と秋の新作が入荷しているJANE SMITH 。

 

狭間の季節にこんなウエアはいかがでしょうか。

 

 

JANE SMITH / FOUL WEATHER SMOCK  ¥40,000+tax

 

1950年代の悪天候用アノラックを現代的にアップデートしたスモックです。

 

やわらかくとろみのある素材で男性的なイメージを中和させています。

 

 

 

 

レースアップとフロントと袖のフラップポケットが特徴的なジャケット。

 

ややメタリックなベージュカラーが光の当たり具合で表情を変えます。

 

裾のコードを絞ってシルエットを変えれば、様々なボトムスを楽しめそうです。

 

 

 

 

 

JANE SMITH / WAIST BAG   ¥10,000+tax

 

バックブランドの20/80とのコラボレーションアイテム。

 

昨シーズンも人気のあったウエストバックに新しいカラーが加わり、バックルもマグネットにアップデート。

 

色も素材も重くなる秋冬シーズンのウエアに、アクセサリー感覚でプラスするのもおすすめです。